本文へスキップ

デンマーク農業理事会 日本事務所

TEL. 03-3213-4801

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビル南館12階

駐日代表あいさつ

負の連鎖に歯止めを
値下げ競争、デフレという桎梏を超えて

新年おめでとうございます。

歳末、新年と申しましても年々その季節感が希薄になってきているようにも感じられます。

政権が交代し震災を挟んだ3年間は、わが国の社会に閉塞感や停滞感が拡がり、世の中の行く末に何かと大きな不安を感じさせられるむきも多かったのですが、私たち一人一人も次第に肌で実感するようになったデフレーションは、時の経過とともにあらゆる業態分野、社会全体に深刻な影を落とすようになりました。

物の価格が安くなってゆくという際に唯一整合性を与えうる条件とは、その物量が増加することだということは経済原則的にも論を待ちません。日本経済の発達段階、その景気動向や人口動態の変化の中で、どう考えても物量の増加を起こしにくいとすれば、もうすでに何年もの間、ただただ単方向に進んできた‘値下げ’、あるいは値下げ競争が長期的には消費者をふくめた社会全体にとって理(利)となるとは思われません。私たち食をあずかる産業分野においては、既に永年にわたって、限られた‘資源’である原材料食料の安定的調達をはかり、さらに食品としての安全確保のために技術においてもカネにおいてもあらゆる努力を注ぎながら国民生活の根幹たる食の担保に努めてきたところです。国際市場における気候変動、相場変動、為替変動の波等がその都度製品価格に影響を及ぼさぬように、そしてより高度な安全確保のためのコストの増加についても業界は身を削る思いで努力を重ねてきたということだと思います。今後ある段階で、ただただ小売価格を下げるこれまでの動きに何らかの転換点が出てこなければ、これまで築かれてきた高品質な食品の安定供給が早晩困難となりましょう。ものには限度というものがあります。そしてその限度が近づいてきているというより、ある部分すでに無理が出てきてしまっていると云えるのではないでしょうか。

全てのことに山も坂もあり、進捗も停滞もあるのでしょう。日本も世界も経済的にも政治的にも大きな曲がり角に差し掛かっているかのように思われます。いずれにせよ各業態分野ともこの容易でない状況をなんとか切り開いてゆかねばなりません。ひとつ言えることは、この20年間云われてきた‘市場原理’なるものが人間の永続的な営みにおいて、ついに絶対必然な事ではないこと。‘統合’ですとか‘資本の集中’‘市場占有’それにロジステイックが競争力のすべてではないことが次第につまびらかになってもきており、世界の各国各域に(地域、地縁、伝統、生活様式等に根差した)それぞれ独特なビジネスモデルが規模の大小にかかわらず、それなりの競争力を維持しながら持続されてゆくだろうことが首肯できるところです。商品に翻って考えれば、必ずしも大量の物量供給のみを前提にしない、持続可能な商品特性を有する製品を、それぞれの地域や各々の多様な生活様態の消費者クラスター毎に、品質に見合った適正な価格秩序を維持しながら、安定的な事業を運営してゆくという工夫の余地はあるのではないでしょうか。地方の疲弊ばかり殊更に言われますが、日本の各域には大変高度で様々な(食)文化とそれを支えるリテラシーが存在し、とりわけ生活の根幹たる食については、これが商業的にも多様なポテンシャリテイーとなっているのではないかと思われます。メデイアを見ておりますと世界中が巨大な商業統合の渦の中にあるようにも見えますが、 すくなくとも‘食の商い’については、アジア、中南米などはもちろん、南欧州等における実態を鑑みれば、世界の大部は依然としてこうした‘地域性、伝統、生活様式’を核にした商業形態で運ばれておりますし、それほど‘大型且つ集約した商業形態’に単方向で急進しているわけでもありません。

2013年の初めに立ってこの年の行く先を見るとき、デフレーションという桎梏、値下げ競争のもたらす負の連鎖を越えて、内外の各分野で様々な智恵と工夫がなされてゆくことを期待したいと思います。

今年もデンマーク農業、デンマーク豚肉産業は‘遠くて近い北欧の小国’から、皆様各位との連携をさらに強化しつつ努めてまいります。あらゆるビジネスとは、結局人と人とが為すものであること、そして10年20年の行く末のあとに、遠い地理的な隔たりを越えて、そうした人の繋がりこそが残ってゆくのだということを拠りどころとしたいと存じます。新年にあたって皆様の一層のご繁栄を祈念いたしますとともに、今年もまた更にご鞭撻の程いただきますようお願い申し上げます。

バナースペース

デンマーク農業理事会 日本事務所

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビル南館12階 
TEL 03-3213-4801
FAX 03-3213-5406