本文へスキップ

デンマーク農業理事会 日本事務所

TEL. 03-3213-4801

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビル南館12階

2018年新年寄稿

来る10年を見据えて

新年おめでとうございます。北東アジアの事ごとをはじめ世界各地では様々に騒動の多い旧年でありましたが、そんな中でもわが国は地理地勢ゆえの自然災害等に時節ごと見舞われるものの社会全般としては政治経済をふくめて比較的平穏且つ順調ともいえる経過であったのではないでしょうか。平成30年の年頭にあたり、デンマーク産豚肉関係事業もまた引き続きまず安定した運びでありますことを業界各位の皆様に心より御礼申し上げます。

来年には元号も新たに日本の新しい時代が画されてまいります。
日本の社会や業界をとりまく環境も時と共に変化してゆくのは当然のことですが、わが業界にとってはこれまで世界各国と調整されてきた貿易制度の新時代がいよいよ実視野に入ってくることとなるのでしょう。現状では環太平洋地域に先んじる進捗となっている欧州とのEPAは、我々事業運営においては既にこれをスケジュールとして捉えなければならない時代に入ってまいります。委細に踏み込むことなく鑑みれば、なんと言っても単味調製品のみならず現在定率関税の適用となっているその他の品目についても食肉調製品はその関税が撤廃されてゆくこと。さらにその原料となる豚肉についても現状の従価税従量税組み合わせ方式の、方式そのものは維持されるものの実質これまでの関税制度とは大きく異なる実際となることが確実となっています。年が改められる都度、変化激動が語られるのは世の常ですが、来る10年を見据えるときわが業界もこの大変大きな環境変化の時代に入っていくことは明らかです。私ども豚肉生産輸出国も、この大きな変化に沿ってこれまでにも増して日本の各業態分野の皆様と緊密な連携をもって対処してゆかなければなりません。40年近くにわたり日本で市場育成をいただいた業態各分野各層に築かれた広く厚い人や企業間のつながりを縁(よすが)としてデンマーク豚肉はこの新しい時代を進んでまいります。

これまで以上の多くの対話を通じまして引き続きなお一層のご協力とご鞭撻をいただけますようお願い申し上げます。




                  デンマーク農業理事会 駐日代表 小野澤 鐵彦

バナースペース

デンマーク農業理事会 日本事務所

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビル南館12階 
TEL 03-3213-4801
FAX 03-3213-5406